スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterは劣等感と優越感の溜まり場。

Twitterを眺めていて、最近気づいたことがあります。


一人の人間の出せる話題って、思った以上に幅が狭い。


Twitterは140文字までかつリアルタイムという特性上、

モノを見る視点や感じ方、考え方に対する端的なつぶやきなんかがわりと多いです。


理屈よりも、感性に訴える感じ。

単にニュースを紹介するツイートなんかは除いてね。


そうすると、自然と「俺こう思うんだけど」とか、

「私今日はこんなこと感じた」みたいな内容のツイートが多くなるわけです。


そして長めのスパンでそれを見ていると、

意外とみんな、いつも同じようなことつぶやいてるんですよね。

誰かへのリプライをあまりせず淡々とつぶやくタイプの人には、

より顕著にその傾向が出てます。


まぁ自分の中で起こった考えを誰に向けるわけでもなくつぶやいて、

それで完結となると、ワンパターンになりがちなんでしょう。


普段コミュニケーション能力が高いような人でも、

そういうスタイルでTwitterを使ってると、話題の広さはあまり感じません。


きっと「コミュニケーション能力」ってやつは、

話題の引き出しの多さより、

それを繋げて連鎖させてく力が寄与してる部分のほうが大きいんでしょうね。


また、一人の人の出せる話題は、その人の劣等感と優越感に深く関わってる気がします。

そのどちらかに起因したツイートは本当に多い。


これらのことが良いとか悪いってことでは全くないんですが、

人は「ここで自由に喋ってていいよ」と言われたとき、色々喋ってても、

結局はそれらに起因する発言に収束していくってことは、

ちょっとした発見な気がします。


Twitterは能動的に「つぶやく」って行為をするわけですから、

きっと実際の会話よりも、各人がよりこだわりを、

つまり劣等感や優越感を持ってることに、提供する話題が集まりがちなんでしょうね。


そして、そうやって一人一人が提供できる話題は少なくても、

それが連鎖したり少しずつ変わってくことで話題は無限になっていくわけです。


一人でつぶやいてたらすぐつぶやくことが無くなる。

でも、数人いれば数時間だって喋ってられたりする。


これは実際の会話でもそうでしょうが、

Twitterではそれがより浮き彫りにされてる気がしますね。

会話一つ取っても、人間はたった一人じゃちっぽけなもんなんだなと。


つまり何を言いたいかというと、

Twitterで人間のちっぽけさを感じられるんだからすごいよねって話。


うん、我ながらそんなこと考えながらTwitterやんなくてもいいと思う。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。