スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出世について色々考えてみる

この間テレビ見てたら、NHKで「最近の若者は云々」みたいなことやってました

もはや人類の伝統芸・定番ネタみたいなもんですね


そこで「最近の若者は出世に興味がない」なんて言ってたので、

ちょっと"出世"ってものについて考えてることでも書いてみます


俺が出世について考えてることを簡単に表すと、


「誰かを蹴落としてまでするものではない」

「だけど、ずっと下っ端のままでいると、ずっと単純作業だけをすることになったり、

指示を与えられるだけで自分で考える必要性が少なくて、つまらない

だからできればそれなりに出世したい」


って感じです


ある程度の裁量権を持って、人や組織を動かしていくのは楽しそうですよね

他人に命令したい!ってわけじゃなくて、

自分の判断がそれなりに社会に影響を与えていくことの満足感というか

そういうものがあると思うんですよ


もちろん責任とか大変なことも多いでしょうけど、

せっかく働いて色んなノウハウや知識、経験も得られるのに

一生単純作業でいいって言っちゃう人を見るとちょっともったいないなーと



起こった問題に対して解決策を考え、実行する余裕と権利があるってことは、

実は素晴らしいことなんじゃないかと思います


とりあえず、「上はバカだ、何も現場のことわかってない」と文句を言うだけで

何も変えようとしない人間はダサいと思うし、なりたくないですね


それに出世ってのはやっぱお金も伴うわけですから、

自分が生活していく上で、

また家庭を持つとしたらさらにそれなりのお金が必要になるってことを考えると、


「そのために全てを賭けるわけではないけど、できたらしたい」って感じになりますね

自分の仕事を確実にこなしていって、その先にあるものがそれだったらいいなと思います


出世のために働くんではなくて、より良く働くために出世していければいいなぁ


というわけで、出世に全てを賭ける人生も、出世を全く無視する人生も、

どっちもうまくないなぁと俺は思いますね

つまりバランスですね、何事も


あ、もちろん、周りを出し抜かないと出世できないような会社だったら、

こんなこと甘ったるいこと言ってる場合じゃないですね

俺はそんな環境だったら出世とかどうでもいいやーってなるかもしれません


そういうとこでも自分に合った会社を選ぶってのは重要ですね


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。