FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一眼レフと教育について 知的好奇心が大事

先日、デジタル一眼レフを買ったんですよ。


うーん、これぞお金のある社会人の趣味、みたいなノリで。


非常にウザったいノリだということはわかってます。

わかってます。


で、そのカメラなんですが、

やっぱり良くあるコンパクトなデジカメとは画質が全然違うもんですね。

当たり前ですけど。


あと何より、色々いじって遊べるのがいい。


素人だからまだ全然いじりきれてないんですが、

それでもシャッター速度が云々とか絞りが露出が被写界深度がうんたらかんたらとか、

考慮すべき要素が色々あって面白いですね。


そして、一眼をいじってて思ったのが、

「あ、これ物理の世界だな」ということ。


デジタルものばっか使って育ってきた俺のような世代にとっては、

「"デジタル"一眼」と言っても、

一眼レフにはかなりアナログなメカちっくな雰囲気を感じるわけです。


そういうメカ的な、実感を伴った物理の世界。

男の子がいくつになっても好きな世界。


そんな物理が身近に思える感じは、今まで俺の周りにはあまりなかったもので、

もっと早く経験しておけばよかったなと思いました。


これがフィルムカメラで自分で現像なんてしちゃったら、化学まで入ってくるし。

こういう面白くて、実感を伴った物理の実験があったらもう少し物理好きになってたのにな。


そしたら理系に進むことも選択肢の一つに入ってたかも。

文系を選んだことは一つも間違いだと思っちゃいないけど。


というか、もういっそ、一眼レフを全国の中学校に配ってみてほしい。

で、授業の一環で公園に出かけて撮影会とかするの。

物理の知識と芸術の感覚を同時に体感できます。

季節の移り変わりで生物の勉強にもなるかも。


デジタル一眼なら情報処理に興味を持つかもしれないし、

フィルムなら化学すげーってなるかもしれない。


そういう楽しいことの中に隠された知的好奇心を引っ張り出してやれば、

子供っていくらでも勉強する気がするんです。


よくわからない楽典を詰め込まれる音楽の授業なんて最高につまらないけど、

自分でバンド組んでみたら音楽が大好きになるようなもので。


俺自身、教育って分野はまったく専門外なんですが、

教育って、勉強って、もっと自由に楽しく気楽にのんびりやればいいんじゃないの?

と思うことが多いんですよ。


人間、楽しいことだったら色々詳しくなろうとするものですから。

楽しませた後に体系的な知識を見せてやれば、

「すげー、そうだったのか!」ってなると思うんです。


体系的な知識がばーっと教科書に載ってて、

とりあえずそれを覚えてみて、テストで点も取ってみる。


で、大人になってから、

たまに「あ、教科書に載ってたアレはこういうことだったんだ」って実感する。


これって、なんとなく虚しくないですか?


ゲームで言えば先に攻略本を読んでしまうような、

ミステリ小説で言えば先に犯人を知ってしまうような。


そんなもったいなさを感じるんです。


先にネタバレしちゃうんじゃなくて、

学校の勉強にも、

「何故かこういう現象起こるよね」→「こういう理由で起こるんだよコレ」
 
 →「で、その理由を体系的にまとめるとこうなる 整然としててすごくね?」

みたいなストーリー性が欲しい。


この"ネタバレ"をするタイミングを変えてやるだけで、

現実世界の色々な法則を勉強することが、

ゲームをするように、小説を読むように面白いものになるんじゃないかと、

そんなことを思っていたりします。


しかし、

「俺が中学生の頃にこのカメラ持ってたら、今頃俺は違う人生を歩んでた可能性もあるなぁ」

なんて思ってしまうのはおっさんくさいですね。


今の子供たちに知的好奇心を抱かせる機会が豊富になっていくことを祈って、

俺は新しく増えた趣味をただのんびり楽しんでいこうと思います。


うーん、こんなにカメラが面白いもんだとは。


あ、でもこのブログは「文章だけで勝負する」という意味のわからない信条があるので、

撮った写真のアップ等はしないつもりです。


というわけで、一眼買ったからって急に写真で溢れるブログになることもなく、

これからもこんな感じのスタイルでいくので、よろしくお願いします。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

初めまして!Twitter経由で伺いました。

デジ一買われたんですね、撮れば撮るほど楽しくなりますよね。
実社会のことと学校の勉強って最終的にはつながってるはずなのに、
その間になんか隔壁みたいのがあってつながりを感じずらい部分がありますよね。
好奇心大事と思います。

No title

金のある社会人ですか^^
うらやましい><
同じ社会人なのにお金のない僕は・・・笑

No title

先にネタバレしちゃうんじゃなくて、

学校の勉強にも、

「何故かこういう現象起こるよね」→「こういう理由で起こるんだよコレ」
 
 →「で、その理由を体系的にまとめるとこうなる 整然としててすごくね?」

みたいなストーリー性が欲しい。

-----

小中学校の理科の実験なんて、
教科書に書いてある結果通りにならないといけない実験でしたからね。笑

私も教育を語るほど学はありませんが、結果ありきの教育には疑問を感じますね。

では、これからも文章で勝負してください。笑

No title

>雪太さん
どーも、Twitterでお世話になってますw

いやー、色々遊びたくなるおもちゃですね、カメラってやつは。
こういう乖離が、ひいては大学出ても仕事に使える知識がない!とかって状況を生んでるのかもしれないですね。
知的好奇心を失わない大人になりたいもんですねー。


>コルトさん
いやいや、学生のときよりはってことですからw


>Anonymousさん
実験こそ先にネタバラシしちゃダメですよねーw
教科書開かせずにまず仮説を立てさせる→じゃあやってみようか
ってスタイルにしたらもっと面白くなるだろうになぁ。

えぇ頑張りますよ、文章でw
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。