スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクナビとFacebookがなんかやるらしい。

リクナビとFacebookがコラボするみたいですね。


言うまでもなく就活サイト最大手のリクナビ。


これに登録しない就職活動は既にかなり少数派となりつつある。

そのため、毎年新規会員が数十万~100万人規模でガツンと増える。

しかも就職という目的があるため、

みんな完全に実名で経歴も詳細に登録するし、ウソをつけない。


そしてこれまた言うまでもなくSNS世界最大手のFacebook。


登録ユーザー数は世界で5億人を超えると言われる。

徹底した実名登録主義を貫くが、そのせいで日本での拡大は苦戦している。

そこで今回、リクナビのデータベースに着目した。


具体的には、

・Facebookが就活目的で使えるような検索システムを実装(リクナビ利用者に限らず)

・リクナビからその検索ができるように/リクナビにFacebookのユーザー登録窓口設置?


ってことみたいです。


しかし、日本の2000年頃からのネット環境で育ってきた人間としては、


ネットって結局匿名かハンドルネームくらいに落ち着くだろ、とか

実名でやるとリアルの複数のコミュニティを1アカウントの"自分"のもとに

統合せざるを得なくなって、めんどくさくて疲れる、とか


どうしても実名系SNSには否定的な感想を持ってしまうんですが、どうでしょう。

これも実際やってみなきゃわかんないんでしょうけど。


まぁネットの実名匿名論争はよそで誰かがいっぱいやってくれてるんで、

ここではあまり深く触れません。

実名のメリットデメリット、匿名のメリットデメリットは様々ありますが、

この論争が終わるのはどちらかがどちらかを力でねじ伏せたときだけな気がする。


というのは置いといて、

このコラボで何が起こるかという話でも。


結論から言えば、ぶっちゃけあんまりこれまでと変わらないと思う。

就活生から見る分にはね。


だって、日本で苦戦してんじゃんFacebook。

てことは、OBOGとか探そうと思ったって、あんまいなくね?


そりゃ大企業だったら、自分の大学のOBで、

かつFacebookに出身大学と会社載せてる人もいるかもしれないけど、

中堅・中小企業とか絶望的じゃないですか。


早慶の卒業生は何故かどこにでもいるけど、それでも早慶の学生がOBOG探すにも

社員数1000人は超えてる企業じゃないと厳しいんではないだろうか。


就活に強い大学の学生が、大量採用する大手企業だとか、

新し物好きな人の集まる大きめの企業に行く際には、少し参考になるかも。

以前このブログで取り上げたドリームマッチプロジェクトとはまた正反対。

うーん、実に節操がなくて、Rクルートさんらしくて良いと思いますよ。


というわけで、就活生は特に意識する必要もないんじゃないかな。というのが俺の見解。

使いたかったら試しに使ってみればいい、くらいのレベルで。

SNS業界とか就活業界からすれば、

これがきっかけで何らかの変化が起こる可能性はあるだろうけど。


それよりも就活生が意識すべきは、「この話題、面接で出るかも」ってこと。

こういう受験の出題予想的な書き方はちょっとアレですが。


だって、俺が今面接官やれって言われたら、

「何やってきたの?(自己紹介・自己PR)」と「何でうちなの?(志望動機)」

は、まぁ当然聞くとして、


時事ネタとして、あと個人的な興味もありつつ、

「ぶっちゃけ、リクナビ×Facebookってどうなの?」

って聞くと思うもん。

うん、絶対聞く。 あくまで俺なら。


そこで、良い感じの受け答えするとポイントアップです。恐らく。


こういう話題って、まだ就活本とかに定番の回答が載ってないじゃないですか。

そこが会社にとっては狙い目。

就活生にとっても狙い目。


面接を

「へー、(学生のくせに)いいこと言うじゃん」とか、「ふーん、よく物を考えてるね」

っておじさま達に思わせる競争だと考えれば、


おじさま達の関心のあるビジネス関連で、

しかも自分のほうが実際のユーザーという情報を多く得られる立場にあるなんて、

もう狙っていかなきゃダメってくらいおいしい話題ですよ。


「こういうサービスの登場は~という今後の社会の変化を予想させ、

 そういった社会の中では御社の○○の事業がより重要になっていくと云々」


みたいな答えはさらっと出せると良いですね。


あと「実際に使ってみたんですけど~」って実体験を絡めて、ごにゃごにゃやって、

最終的に「御社により入りたくなりました!」って落とすとか、鉄板っぽい。

別にその会社にFacebook経由のOB訪問してなくても。

「人とのつながりの重要さを云々」とかそれっぽいこと言ってさ。


あ、口から出まかせで面接を切り抜けてた就活生時代の悪い癖が少し出ましたね。

失礼。


ともかく、リーディングカンパニーとして、こういうただの話題作りに終わらないように、

リクナビにもFacebookにも頑張っていただきたいものですね。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。