FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"仕事の進め方"って、概念としてザックリしすぎじゃね?

「人によって仕事の進め方や、"抱える仕事の量の好み"が大きく違う」

というのはどこの会社に行ってもあることのようで。


これが大きく違うから、上司によって同じ仕事内容でも全然違う環境になってくる。

それが「あの上司とは合わない」なんてセリフが古今東西聞かれる理由みたいです。


いやー、ほんとにね。


課長と部長が言ってること違うとか、

間に俺を挟んでネチネチ喧嘩すんじゃねーよとか、

でも大っぴらに喧嘩し出したらそれはそれで部署が崩壊するからやめてくれとか、

だとしても小学生みたいな下らない粗探しばっかりしてんじゃねーよとか、


そんな「よくある社会人の愚痴」を自分が言うようになるとは思わなかったです。

なんか、俺も"普通のオトナ"になっていっちゃうんだなぁって感じ。


あぁ、いやだいやだ。


しかし、その問題の原因である「仕事のしかたの違い」ってやつが、

そう簡単には解決できないのも事実。


なんでかって、これは「物の考え方」「事象への対応のしかた」というのが、

そもそも社会人になる前にある程度確立されているものだから。


特に、就活で各企業が欲しがっているような、

"課題解決型の人材" "成功体験のある人材" みたいな人達は、

「どのようにすれば上手く事が運ぶか」っていう方法論と言うか、

自分の中の哲学のようなものを、多少なりとも持っていることが多い。


それに加える形で、新人として"社会的常識"や"自社のやり方"と呼ばれるものを覚えて、

若手社員として働き手になっていくわけですね。


つまり、会社として"仕事の進め方"をコントロールできるのは、

そのような後から付け加える条件だけであって、その人の哲学の根本は変えられない。


いや、最初に徹底的に無力感を植え付けるとか、会社の哲学を徹底して教え込むとかで、

その人の哲学を否定する手法をとっている企業もあるでしょうが、

多くの企業は「そこまでする必要はない」と考えている。


多大なコストやモチベーションの低下など、副作用は非常に多く考えられます。

そのリスクを負ってまでそれをやるということは、その会社の環境や状況から考えて、

"そのほうが効率的だから"。


あくまで個人の哲学を活かして、

ある程度の"社会的常識"や"自社のやり方"の統一だけを行うという"普通の会社"も、

「優しいから」そうしてるんじゃなくて、

"そのほうが効率的だから"やってると考えられます。


つまり、

「自社の目標達成ができそうな方法論・哲学を持ってる奴を集める。」

「その方法論や哲学の内容は個々に違っていても構わない。」

というような人材の集め方をしている企業が相当数あると。


結局最後は人と人で仕事をこなしていくわけですから、

いちいち"正しい手順"に立ち戻って確認なんてしてたら時間かかってしょうがない。


色んなイレギュラーに、ある程度までは個人の裁量で対応していく必要性がある。

そんな事情を考えると、これはそれなりに合理的と言えますね。


合理的なんだろうけど…


実際には、上の方で書いたような

「会社で良くあるダメダメな光景」

が生まれてしまう原因になっている。


もうちょっと仕事の進め方を統一してくれてもいいような、

でも他人の物事の進め方を押し付けられてもウザったいような。


この辺のバランスが難しいところなんですかね。


最近同期同士で仕事をやることがちょこちょこ出てきましたが、

すでに進め方に若干の違いを感じます。


せめて同期の中でくらいは、

「あいつの進め方は気にいらん。俺が正しい。」

みたいな下らない不仲は発生しないでほしいなぁ。 マジで。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

はじめまして。ブログランキングから来ました。
しんじさんと同じく10年入社組です。

>>課長と部長が言ってること違うとか、
>>間に俺を挟んでネチネチ喧嘩すんじゃねーよとか、
>>でも大っぴらに喧嘩し出したらそれはそれで部署が崩壊するからやめてくれとか、
>>だとしても小学生みたいな下らない粗探しばっかりしてんじゃねーよとか、
>>そんな「よくある社会人の愚痴」を自分が言うようになるとは思わなかったです。

同感です。(笑)
環境は違えど、思うところは同じようですね。

あ、勝手ながらリンク追加させて頂きました。
今後もよろしくお願いします。

No title

どーも、はじめましてー。

やっぱどこも一緒なんですかねw
「普通が一番難しい」なんて言いますけど、こういう普通さは拒否したいもんですねー。

おぉ、じゃあこっちからもリンクしときまーす。
よろしくです。
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。