スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yahooがGoogleの検索エンジンを採用するとかなんとか

ちょっと日が経ってしまったニュースですが、

Yahoo! JAPANが、自分のとこの検索エンジンをGoogleの使ってるそれに変えるらしい。


マジかよ!

とすげー驚いたんですが、昔も同じようなことやってたんですね。


しかし、yahooが負けを認めた感は拭えない。


「そもそも"検索エンジン"って何なんだよ」

って人のために軽く説明しとくと、

検索されたキーワードに対して、検索の結果を引っ張ってくるプログラムのこと。


例えば「りんご」って検索されたらどのサイトをどの順番で表示するか、

って部分をこれを使って決めてるわけです。


yahooとGoogleでは同じワードを入れても結果が違う順番で出てきたりしますよね?

それはこの"検索エンジン"が違うから。


ついでに言うと、検索結果の横や上に表示されてる広告。

あれも「どれを表示させるか」って部分で検索エンジンの影響を受けてます。


そんなまさに検索サイトとしてのコアの部分を、他社製のものにしてしまうということ。

これがどれだけヤバいことか。


まず、yahooにとってのメリットの部分。

これはもう、コスト削減につきます。

研究開発にやたらお金かかってますから。


Googleにとっては、自分のシェアが倍以上に拡大する。

日本のほぼすべての人が見る検索結果をコントロールすることになるわけで、

この影響力・メリットは測り知れません。

ついでにyahooから使用料も取れんのかな?


yahoo側のデメリット。

何といっても、技術力が落ちます。

これまで蓄積してきた検索エンジン製作ノウハウの価値も落ちるわけだし、

広告関係では独自の技術も入れていくみたいですが、

むしろその落ちた技術力で、

企業・消費者双方に魅力的な広告スペースを提供していくことができるんでしょうか。


これはかなり難しいんじゃないかと個人的には思ってます。


まとめると、「yahoo検索エンジンのGoogle化」が実現すれば、


Googleは順調に拡大路線に乗る。

yahooは検索以外の部分で、カットしたコストを使って価値を出していかないと厳しい。


もちろんその計画がしっかりとあるからこその今回の判断なんでしょうけど、

賭けに出た感はかなり強いですね。


twitterなどのソーシャルな情報のやり取りが一般化してきたことに伴って、

検索サービスの重要度が低下し、

いずれ開発コストに見合わなくなるという考えなんでしょうか。


そこまで検索サービスが下火になることはあり得ない気がするんですが…。


さて、10年後20年後に勝者となっているのはどちらなのか。

それとも、2社はまったく違う業種に転換しているんだろうか。


俺はわりとGoogle派なので、

検索や情報の集約を中心としたWebサービスでGoogleは生き残っていくと予想してます。

というか、同様のサービスをできる会社が存在しない。


yahooはオークションやEコマースなど、

もっとヒューマンな部分に特化していくんだろうか。


Web版の通販雑誌のようなイメージ。

楽天と似たような感じですかね。


独禁法が云々って話もやはり出てきてるので、どうなるかはわからないですが、

ITは常に激動の時代、ということですね。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。