スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の勉強法:挫折する前に駆け抜けろ

最近、ちまちまと英語の勉強をやっています。

目指せ、「英語を勉強している」段階から「英語で勉強している」段階への脱皮。


で、やっていく中で、なんとなく「英語の力ってこういうことかなー」っていうのが

見えてきたので、まとめてみます。


英語学習の方法論とかに詳しい人はたくさんいるんで、

あくまで自分の感じたことベースで。


まず、英語の力って下記の3つに大別される気がしています。

※名称は適当


【英語力】

文法や単語に詳しいかどうか。


高いとどうなる?:ペーパーテストで点が取れる。

鍛え方:ひたすらinputする。

鍛えるコツ:理解を伴った記憶が有効。知的なトレーニングの側面が強い。


【英語運用力】

知っている文法や単語を会話や記述の中で使用できるか。


高いとどうなる?:英語で何かを主張できる。(口頭または文章で)

鍛え方:ひたすらoutputする。

鍛えるコツ:反射的にできるようになる程の反復練習が重要。肉体的トレーニングに近い。


【リスニング力】

英語の音に慣れているかどうか。


高いとどうなる?:英語の音を聞き取れる。

鍛え方:ひたすら聞いて理解することを繰り返す。

鍛えるコツ:英語話者がどう音を出してるか理解し、(thのときの口の動きとか)
      あわせて自分もそれができるように訓練する。あとは実践あるのみ。


ようするに、「知ってるか」「使えるか」「聞けるか・発音できるか」ですね。


更に言うと、【英語運用力】は自分の持ってる【英語力】以上には上がりません。

知らない単語を新たに暗記することはできても、

知らない単語を会話の中でサラッと使うことはできません。


そして、【リスニング力】がないと相手が何言ってんのかわからない。

これなしには会話も議論も成り立ちません。超重要。

逆にリスニングができる(英語の音に慣れてる)と、

知らない単語を覚えるときに音を補助に使えたり、勉強が随分楽になるはずです。


【英語力】はリーディング、リスニング

【英語運用力】はスピーキング、ライティング

【リスニング力】はリスニング、スピーキング

に強く関わっています。

上から「受信系」「発信系」「音声に関すること」とも言えます。


で、よく言われるのが、

日本人は英語ができない。学生の頃に良い成績を取っていた人でも、せいぜい読めるだけ。

聞けないし、話せないし、書けない。


ということ。

よく皆さんも実感されることなんじゃないかと思います。


つまり、【英語運用力】【リスニング力】が圧倒的に不足してるわけですね。

そりゃそうですよ。

俺も、「英語で発信する訓練」とか「英語の音に慣れる訓練」

学校で受けた記憶ないですもん。


じゃあどうすれば英語が扱えるようになるのか。

簡単です。

【英語運用力】【リスニング力】を伸ばせばいいんです。

学生の頃、英語の時間は睡眠時間でしたって人は、

ついでに【英語力】も伸ばす必要がありますが。


【英語運用力】【リスニング力】を伸ばすのに必要なのは、

原理の理解というよりも、肉体的な反復練習です。

ひたすら喋る、書く、聞く。

反射的に体が反応するようになるまでやらないといけません。


と言っても、所詮俺ら日本人はネイティブにはなれないので、

第二言語として、ツールとして、必要なレベルまで高めればいいわけで、

そこまで突き詰めなくても大丈夫です。


皆さんも、外国人が頑張って日本語で喋ろうとしてたらちょっとくらい待つでしょう?

待ってくれるはずですよ、英語圏の人も。切羽詰まってたりしなければ。


そりゃ、あからさまに嫌な顔する英語話者もいるでしょうが、

そこはほら、日本人でも日本語が拙い外国人にあからさまに嫌な顔する人もいることだし、

結局どの国にもいろんな人がいるってだけの話です。


さて、じゃあ【英語運用力】【リスニング力】、どこから手をつけようか。

って話ですが、ここはまず【リスニング力】を改善するのが良いかと思います。


ある程度リーディングができる人であれば、

頭の中に「英語を受信する」ための回路はあるわけで、

それを文字でなくて音を起点にして使えるようにするという考え方です。


まず、英語耳でもフォニックスでも使って、自分が発音できるようになること。

そして、大量の英語を聞くこと。

たぶん、100時間も英語を聞けば徐々に慣れてきます。


ここは一気に駆け抜けたいところ。

1日1時間とか言ってたら耳慣らすだけで3ヶ月以上かかりますからね。

そんなに期間をかけたら逆に挫折します。

平日1日3時間+土日1日8時間とか突っ込んで、2~3週間程度でいきたいところです。


耳を慣らすのと並行して、ライティングもやっていきたいですね。

ライティングは文字で認識できるので、【英語力】さえある人であれば、

書くべきことがあれば後は辞書等で調べながら書けるはずです。


ブログ書いてる人は、過去の自分の記事を英訳してみるとか、

ゼロから英語で書いてみるとか。


で、Lang-8なり何なりで添削してもらえばOKでしょう。


ライティングして添削された文章は、音読する材料として最適。

「自分の意見を英語の音にして自分の口から発する」訓練ができます。

ここで発音の訂正をしてくれる人がいると効率的です。

オンライン英会話とかいいんじゃないでしょうか。


で、最後にスピーキング。

ようするにコレは「一瞬で英作文して音読する」こととほぼ同義なので、

上記のライティング → 音読の流れが土台になります。

慣れとともに徐々にスピードを上げていって、あわせて会話でよく使う表現も

増やしていけばできるようになっていくはずです。

さらに上達すると「喋りながら考える」形になりますが、これはもっと先の話。


これも訓練にはやっぱりオンライン英会話が良いですかね。

英会話教室でもいいんですけど、高いし、何より時間数が足りない。


リスニングやスピーキングといった音声系は、100時間やってやっと慣れてくる感じです。

「週に1回、90分の英会話教室」だと、100時間に達するまでに、67週必要です。

軽く1年以上。これだけの期間モチベーションを保つのは中々難しいことです。


そんなに密度が薄いと上達にも余計な時間を食いそうですし、

何より、「英語の音に慣れる」とか「英語で発信することに慣れる」って段階が、

一番つまんないんですよね。


スポーツでもランニングとか腕立てとかつまんないじゃないですか。

さっさと試合に出たほうが楽しいし学ぶことも多いじゃないですか。


でも、試合に出るための基礎力作りとしてランニングとか腕立てしなきゃいけない。

これがまた面倒くさい。

じゃあ試合に出るのも諦めちゃえ、そしたら腕立てとかしなくてもいい。


そんな挫折、たぶん英語でも多いんだと思います。


だからこそ、基礎訓練は短期集中で一気に終わらせるべき。

たまに基礎訓練が趣味の人もいますが、さっさと試合に出て学びたいって人は

基礎訓練に数カ月も1年もかけるべきじゃないです。挫折します。


「英語を使って何がしたいか」を明確にして、

それに必要な基礎訓練(文法、単語、発音、聞き取り等)を洗い出し、

短期集中でそれらを終わらせて、あとは実際に英語を使ってそれをやる。


基礎訓練は完璧でなくてもいいんです。

実践の中で足りてないと感じたら、また戻ってくればいい。

挫折するまでに、実践に飛び込める程度に一通り終わらせられるかが勝負。

モチベーションが切れるまでにつまらないことを終わらせられるか否かがカギ。


そんな気がしています。


俺の英語の能力はまだまだ低く、仕事なんかで使えるレベルには全くないですが、

10年前は英語で偏差値30台(校内最下位)をキープしてた俺でも、

最近では、一応継続的に英語を勉強できる程度にアレルギーはなくなりました。


基礎訓練期間を一気に駆け抜ける。これが重要なんだと思います、ホント。

そういう意味では、駆け抜けるための留学もなかなか有用なんじゃないかと。

お金と時間さえあればね。


大学生の皆さん、

特に、英語が苦手で「一生英語なんて使わないで生きてやる!」とか思ってる

昔の俺みたいな大学生の皆さん。


今のうちに留学しといて、英語を「実益を兼ねた趣味」化しとくと、

後々めっちゃ楽ですよ。

ほら、入った会社がいきなりR天みたいに

「英語できない奴いらんわ」とか言い出すかもしれないし。


俺も学部時代に留学しとけばよかったなー。

時間のない社会人の皆さんは、一緒に時間を捻り出しましょう。

通勤電車内の時間を積み上げるもよし、

貯めたお金を使ってニート期間を創り出すもよし。

習熟すると社畜化防止に役立ちそうな趣味として、英語は結構いいんじゃないですかね。


よし、こんだけ書けば英語の勉強続けるプレッシャーになるな。英語やろ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。