スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仕事にあった人を探す」から「その人にあった仕事を作る」へ

「仕事にあった人を探す」というのが現状ですが、ゆくゆくは

「その人にあった仕事を作る」という方向になってくるんじゃないかと感じています。


まず、現状。

「仕事」がある。


業種、つまり銀行だったり商社だったりメーカーという区分や、

職種、営業とか経理、人事、研究開発などの区分で、

「どんな人がその仕事にあっているか」が大体決まってくる。

また、その会社独特の風土も大きく関係してくる。


そういった、「仕事」が先にあって、

「じゃあどういう人が適しているんだろう」

「適した人はどうやって採用すればいいんだろう」


と考えていくのが現状の雇用というものですよね。


その現状においては、「ある個人がそこで仕事をする」というのは、

原因でなく結果であるわけです。


これは実際、効率的なシステムです。

誰かが事業を回すシステムを構築して、それに適した人を雇って実際に回していく。

特に、大量生産・大量消費の時代には、最高の効率だったでしょう。


しかし、問題点として、

「事業が人を選別し、支配する」
という状況が起こってしまうことが挙げられます。


例えば銀行の事業には、それに適した人物像があって、

その事業を回すために雇われた人たちには、

その人物像に合致する人間になるように有形無形の圧力がかけられます。


仕事というのは、社会に出て働くというのはそういうことだ。

それで効率的に組織を動かせるのであれば、それに従うのが社会のためだ。



そう言って「個人の努力」に問題の解決を委ねてしまうのは簡単です。

実際、大量生産・大量消費が世の中から強く強く求められていた、

バブル崩壊までの日本のような状況であれば、

「皆が、事業が(会社が)求める人物像になるために努力する」

というのが社会的に最も効率的で、またその個人においても

自己実現の達成のために効率的な手段だったんだろうと考えられます。


しかし、右肩上がりの社会が終わったとき。

会社についていってさえいれば、全てが保証される時代が終わったとき。

「事業が人を選別し、支配する」という問題が一気に顕在化します。


いくら働いても明るい未来が見えない。敗戦処理のような仕事ばかり。

いくら会社に尽くしていても、いつ切られるともわからない。


そんな状況下で、落ち目か良くても現状維持の「事業」に、

自分の持つべき人格を規定されて、そうなるよう圧力をかけられることに、

納得できるような人間がどれだけいるか。


正直言って、そう多くないんじゃないかと思います。


「事業」というものは、それに関係すべき人たち全てに、

その人たちのするコミットと同じかそれ以上のリターンを与え続けることが

可能な場合にのみ存続するものです。


つまり、株主は投資した資金と同等かそれ以上の資金を回収でき、

消費者は支払った金額と同等かそれ以上の価値を得ることができ、

労働者は提供した労働力と同等かそれ以上の報酬を受け取ることができるときのみ、

事業は存続していくものだし、そうあるべきなんです。


経済の失速によって、「事業」が労働者に与える金銭的な報酬が下がると、

労働者は以前までよりも少ない労働力しか提供しなくなります。


以前であれば「人格」を「会社に合わせる」という形で売り渡していたものが、

現状においては「そこまでする価値が無い」と判断されているわけです。


では、そういった状況におかれて、今後「事業」はどうなっていくのか。


労働者に十分な金銭的報酬を与えられなくなった事業は、

労働者の人格を支配するだけの影響力を保てなくなっていきます。


そこで起こるのが、「求める人材像とのミスマッチ」

まさに今顕在化している問題です。

この原因は企業のブラック化でも、情報の共有が足りないせいでも、

まして若者の甘えでもありません。


事業が「労働者の人格を支配するほどの影響力」を

持てなくなってきていることが原因にあると考えられます。


恐らく、ブラックな労働環境の企業というものは昔から存在しました。

それが表立って取り沙汰されるのは、そのブラックな環境をガマンするに値しないと

多くの労働者が判断するようになってきているからではないでしょうか。


このように影響力を持てなくなった事業は、早晩縮小し、衰退していくでしょう。


代わりに出てくると考えられるのが、「個人本位で作られた事業」。

つまり、先に働く人の人格や能力があって、それに適した形でデザインされた事業。

「この人がやったから、こういう事業が形作られた」と言えるようなもの。


こういった事業は、金銭的な効率性では

「先に事業があり、後に人がある」タイプの事業には勝てない可能性が高いですが、

労働する側から見れば、「自分に最も適合した仕事」という、

無形の価値を持つものになります。


また、そういった報酬を労働者に与えることが可能な事業であると同時に、

多様な製品・サービスを生む可能性を持ったスタイルでもあります。


「先に事業があり、後に人がある」タイプの事業では、

同じモノやサービスの大量生産や、その品質において大きなアドバンテージがありますが、

「先に人があり、後に事業がある」タイプの事業は、

一個人には把握し切れないほどの多様なモノ・サービスを

市場に提供してくれる可能性があります。


生産も消費も、「大量に同じモノを」というマスの時代から、

個々人に向けた細かな差異やモノ・サービスの持つストーリーを

重視するような潮流に変わってきていることを考えると、

「先に人があり、後に事業がある」タイプの事業が

まさにこれから伸びていくんじゃないかと考えられます。


働く側としても、消費する側としても、

「仕事にあった人を探す」から「その人にあった仕事を作る」へ、

徐々に移行していくのがこれからの流れなんじゃないかな、と思うところです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

毎回内容の濃いことを書いていますね。
しんじさんは相当の切れ者だと感じられます。

No title

読んでいただいてありがとうございます!
そんな大したもんじゃありませんが、引き続き見てもらえれば嬉しいです(・∀・)
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。