スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の職場」は世界に避けられる?

介護福祉士に合格でも帰国へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120507/k10014944681000.html


こんなニュースを見かけました。


少し前に、

「外国から介護福祉士の試験受けたい人呼んで、介護施設で働いてもらったりするよ!」

「人手不足の介護業界、外国の労働力入れて改善するよ!」


なんてことを国がやろうとしてる、なんてニュースを見ましたが、

それの結果が出たってことなんでしょうね。


なんでも、合格した人もしなかった人も、帰国する人がわりと出てきてるよ、という話。

95人が試験を受けて、36人が受かり、7人が帰国または帰国予定とのこと。


正直、大して帰国する人多くねーじゃん。


とも思いますが、まぁそれは置いといて。


気になったのは、このニュースの報道の姿勢。


「国はこんだけ金を出した」

「受け入れ施設も、こんなに合格をサポートしてやった」

「なのにこいつら帰りやがる、どういうことだ」

「帰る奴らも、そんな状況を予防できなかった国もどういうことだ」

「制度の改善が待たれる」



というのが、ニュース作った人の言いたいことなんだろうなーと、

ひしひしと感じられるような報道のしかたでした。


えー、ここで、誤解を恐れず言えば、

介護業界なんて、思いっきりブラックじゃないですか。


帰国したのは、残してきた家族が云々ってより、

その「ブラックさ」のせいなんじゃねーのかなって。


大体、自分の国にいるよりは良い金がもらえるとは言え、

それまで縁もゆかりもなかったような異国で、

肉体的にも精神的にもきっつい労働を、

何より、その国の言葉のネイティブでかつ職のない連中ですら

やりたがらないような仕事を、語学を習得しつつこなせるかっつーの。


まず外国人というだけで、ブラック度10倍くらい。


日本の職場には外国人を受け入れる下地なんてものも全然ないしね。

日本人の先輩たちもおっかなびっくりだっただろうし、

最悪、シカトしてたり暴言はいてたり、適当に距離置いてたりしそうです。


そりゃ、そんな中でもできる人はいるでしょうよ。

実際、今回も合格者が出ている。

その人たちはきっと優秀だったんでしょう。


優秀なだけでなく、超ブラックで働き続けられる、

タフな人たちだったんだろうと想像します。


異国で優秀だと認められ、新たな労働力としても期待されている。

なのに、何故国に帰りたくなるのか。


俺はこの原因が「日本企業の社畜精神」にあるんじゃないかと思えてなりません。


会社を最優先して当たり前、会社で偉けりゃ人としても偉い、そんな日本企業、日本社会。

台風が来ようが大雪が降ろうが、意地でも出社しろ。休日もゴルフで会社の人間と過ごせ。

そして、そんな非合理なことが今も「社会人の常識」としてまかり通ってる非効率さ。


そんなバカバカしい組織や社会に、

最低でも2ヶ国語と一定の専門知識を操れるほどの人間が、

ずっといたいと思うでしょうか。


俺にはそうは思えません。


帰国を決めた人の人数はそんなに多くないとは言え、

日本は日本全体でこのニュースを重く受け止めて、

「移民だとか言ってるけど、そもそも日本の職場はイヤがられるものなんじゃないか」

という視点を持つことが重要だと思います。


「途上国の人間なんか、日本人と同じ額の給料出せばほいほい寄ってくるだろ」

「日本の若者どもが勤労意欲のないクソどもだから、外国人労働力を使えばいい」

「代わりはいくらでもいるんだよ、労働者ども」



なんて考えを持っている経営者・政治家などなどの方がいたら、

いや、当然そんなクズな考えを持ち、

さらに実行に移しちゃってるアレな人はいないと信じてますが、

いますぐ悔い改めたほうが良いと思いますね。


外国人も、日本の若者も、ニンジンぶらさげれば延々走る馬じゃないんですから。

もしその辺りを誤解しているおっさんがいたら、

人の心情を考えられない「コミュ障」なんでしょうね。


悪行は最後には自分に返ってきて、足元すくわれるもんです。


商売は直接の客だけでなく、世間も従業員も良くするものでなくてはならない。

そんな真っ当なことを言えた「日本の経営者」はどこいっちゃったんでしょうね、本当に。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

再読して思ったこと

お疲れ様です。
そんなことがこの国で行われていたなんて、正直、知りませんでしたが(笑)
へー。そーなんだー。
と、思う反面、
しんじくん、なんかやなことでもあったのかい?
という感じです。
突然、失礼しました。頑張ってください(笑)

No title

あれ?あんまりメジャーじゃなかっただろうか…笑

うーん、確かに読み返してみると毒っぽさが出過ぎてる感じしますね。
「社畜文化」嫌いをこじらせてもロクなことにならないとは思うので、気をつけます(´・∀・)
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。