スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本】「コア・コンピタンス経営」(ゲイリー・ハメル、C.K.プラハラード)

「コア・コンピタンス経営」という本を読んだので、感想のようなものでも。


タイトルにある「コア・コンピタンス」というのは、

企業の競争力の源泉となる能力のことです。


この本では、未来志向の経営が重要だと何度も説いていて、

その土台になるのがこのコア・コンピタンスだと言っています。


原題は「Competing for the Future」で、直訳すれば「未来への競争」なので、

むしろコア・コンピタンスに話を限定しているわけではなくて、

いかに未来志向の経営を行って成功をおさめるかを述べている本ですね。

経営学の世界では有名な本です。


この本を書いたのは、ゲイリー・ハメルとC.K.プラハラードという、

それぞれロンドン・ビジネススクールとミシガン大学ロス経営大学院の教授で、

書かれたのは1994年。


日本ではバブル崩壊直後くらい。


なので、本書では日本企業は、バブル崩壊前の絶頂期の姿で描かれていて、

欧米の経営学の教授が、

「欧米企業はなんで負けたのか?日本企業はなんで勝ったのか?」

解説するような構図になっています。


「なぜそうなった?」の部分に関しては、

「深い洞察から高い理想と明確な戦略を描き、経営資源を集中してそれを実現したから」

という経営学の王道的な説明がされているわけですが、面白いのが


「過去の栄光にしがみつく欧米企業」

        vs

「経営資源を集中しそれを打ち破る日本企業」



という構図。

これ、そのまんま今の日本企業とアジアの新興企業に当てはまるんですよね。


プリンターにプラズマクラスターを搭載するような迷走ぶりを見せる日本のメーカーを、

サムスンやらLGが打ち負かしていってる現状と、非常に似てる。

歴史は繰り返すとはよく言ったもんです。


そして、個人的に本書の中で一番印象に残ったのが、


「もはや日本は世界から学ぶより世界に教えるほうが多くなったと

 日本の管理職が考え始めたら、世界中の競合他社は祝杯をあげていいだろう」



という一文。


文脈としては、過去の栄光に縛られて新たに学ぶことができなくなっている

アメリカの企業に対する批判のような感じなんですが、今の日本企業を見るとどうでしょう。


確実に祝杯あげられちゃってるよコレ。


18年前に「今は成功してるけど、こうなっちゃったらダメだよね」と本に書かれた状況に、

今まさに陥ってしまってる日本企業。ギャグか。


過去の栄光にいつまでもしがみつかず、

未来の理想を描いてそれを実現する工夫を積み重ねていく。

そんな「経営学の基本」をいつから日本企業は忘れてしまったのかなぁ。

なんて思いながら読んだ本でした。
スポンサーサイト
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。