スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者はなぜ3年で辞めるのか?

若者はなぜ3年で辞めるのか?って本がありますね。

読んだことないです。


なので、ここでは

『「若者はなぜ3年で辞めるのか?」を読んだことない社会人3年目が、

 若者はなぜ3年で辞めるのかについて考えてみる』


というよくわからないスタンスで、ちょっと書いてみようと思います。


結論は単純。

「3年やればとりあえずOK」って風潮があるから。

以上。


実際、「なんで3年なの?」に対する明確な説明はないですし、

単にみんなが慣例的に「3年続ければとりあえずいっぱしの職歴として見よう」って

運用をしてるから、若者は3年で辞めるんでしょうね。


おっさん達が経済週刊誌とか見て、

「そうか、3年で辞める奴が多いのか。鬼門だな。」とか思って、

会社の若い連中に「おい、3年ガマンしろ。それ超えたら楽になるから。」とか言うのは、

まったくもって順序が逆なんですよね。


辞める奴は辞めます。

そして、辞めるにしてもなるべく自分の得になるタイミングで辞める。

それが今の日本だと「3年」というタイミングであるというだけ。


逆に言えば、「3年でとりあえずOK」っていう風潮がある以上、

会社側としては、辞めてほしくないんであれば、

3年目くらいの人間に対して、辞めないでもらえるよう働きかけないといけません。


「一番辞めたくなるとき」に、辞めるよりも残ったほうが良いよって説得して、

納得してもらわないと、他の会社に第二新卒で取られるだけです。

教育コストだけ払わされて、「はい、さようなら」じゃ大損もいいとこですよね。


「3年目が踏ん張りどころ」なのは、若者ではなくて、会社側なんです。


そこんところを理解していない会社が非常に多い気がします。

ひどいところになると、「あーコイツやめそうだな」って若い奴に、

「お前使えない奴なんだから、辞めても他で通用しないからな?わかってるな?」

などという見当違いの説教を垂れてたりします。


そんなことを言えば言う程、若者の気持ちはその会社から離れ、

「ちょうどいいタイミングだし辞めるか」となってしまいます。


就活生のときに「就活は恋愛と一緒だ」なんてつまらんセリフをたくさん聞きましたが、

恋愛と同じで「釣った魚にエサはやらない」だと、

そのうち愛想尽かされちゃうよってとこでしょうか。

ちょうど他社から「モテる時期」があるってんなら、尚更です。


さて、ここで書籍「若者はなぜ3年で辞めるのか?」の内容をちょっとググってみました。

あ、「3年」よりも「長く働くことを選ばない」に重点が置かれてるのね。

そりゃそうか。


長く働くことを選ばない理由。

働き続けることに対する希望が皆無だから。

以上。


こんな企業と心中してやる義理はない。

そう思われるような企業がいかに多いかってことですね。


その原因は長時間労働低賃金で奴隷的な「ブラックさ」であったり、

企業内に今も残る「古き悪き風習」であったり。


ただ、この本でも主張しているらしいですが、

「単純な逃げ」としての退職は俺も良くないと思います。


「今の飼い主はクソだ。もっとまともな飼い主を見つけてやる。」

って考え方じゃ、結局なにも変わらない。


「自分の足で立てる環境はどこだ?」って探し方をしていかないと、

転職の無限ループにハマってしまう気がしています。


恐らく、退職・転職を選ぶ同世代もそろそろ多くなってくる頃でしょう、

お互い、自分の人生を自分がちゃんと楽しめるようにデザインしていきたいもんですね。
スポンサーサイト
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。