スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「使いモノにならない学生」を「まともな社会人」にするのは企業の義務。

CSRって言葉がありますね。

Corporate Social Responsibility(企業の社会的責任)の略です。


企業には、社会を構成する重要な一要素として、

果たすべき責任があるという考え方です。


どんな企業であっても、その企業単体で生き残れるわけじゃなく、

労働者、消費者、株主、取引先等々、社会全体に支えられてる部分が

多々あるわけで、それに報いなければ存続できないとも言えます。


で、このCSRの1つとして、企業には、

『「使いモノにならない学生」を「まともな社会人」にする義務』

があるんじゃないかと思います。


あ、「使いモノにならない」ってのは、

あくまで「社会人として一般的とされる能力を備えていない」という意味です。

だって知らないしやったことないんだから、できるわけないよね。

誰からも教わらず出来る奴がいたら、そいつの前世はたぶん社畜です。


なので、その程度のことで他人を見下して偉そうにできる人間がいるとすれば、

その人はかわいそうな人なのでほっといてあげるといいと思います。


ていうか、「使いモノにならないおっさんおばちゃん」が世の中には

大量に生息しているわけですが、そのあたりをいじりだすとキリがないですからね。

まぁ、人間なんとでも生きていけるんだなと思う程度に留めておきましょう。


さて、企業の社会的責任として、

「まっさらな新卒を、社会人として一般的なスキルを身に付けた人間にする」ことは、

要求されて然るべきことだと思います。


特に大企業ね。

中途でしか人を採らない(採れない=人を育てる程の資金力がない)中小企業は、

世の中に五万とあります。


新卒なんて採ろうもんなら全社をあげて大騒ぎなレベル。

そんな会社(=そんな会社で働いてる人)は世の中に溢れています。


そんな、「新卒なんて雇ったら潰れるってマジで!マジ無理やめて!潰れる!」

みたいな企業に「てめぇの社会的責任だろコラ」って言って新卒採らせようとは思いません。


そんな、多くの企業ができないことをできる稀有な資金力のある大企業が、

非常に多くの関係者のおかげで成り立っている大企業が、

今後も世の中が回っていくために絶対に必要なことである「社会人の養成」をやらずして、

誰がやるんだって話ですよ。


え?

国がやれ? 大学がやれ? 高校がやれ?


バカ言ってんじゃねぇよ。


「社会人」という人種の養成が、誰にとって一番メリットがあるか考えてみましょう。

最も直接的にメリットを享受するのは、他でもない企業です。

「まともな社会人」という種類の人材によって労働力を確保し、利益を生む企業。

この企業こそがこの人材を教育しなくて、一体誰がやるっていうんでしょうか。


最近の企業は、大企業をやらせてもらってるというのに、

やれ「利益が出ない」だの、「即戦力が必要だ」だの、

甘えたことを抜かしていますね。


新卒の学生が「社会人」という人種として使いモノにならないなんてのは、

わかりきってることなんですよ。

それこそこれは、これまでずっと、資本主義の初めから変わってきていないはずです。


そんなこと百も承知で、それでも自分たちの立つ経済社会のため、

どこに出しても恥ずかしくない「社会人」を養成してやろうってのが、

本来の、社会を構成する重要な要素たる大企業のあるべき姿じゃないですかね。


どこに出してもってのは、転職が前提ってことじゃないですよ。

どの取引先・どのお客さんに会わせても恥ずかしくないってことです。

そんな想いを持って人材育成してる企業は、いったいいくつあるでしょうかね。


「勝手に育て」「過労で潰れたら自己責任」なんかの、

企業としての責任を放棄したようなセリフは、

自社の立ってる土台を作ってきてくれた経済界の先人に

少しでも感謝の想いがあれば、出てこないはずです。


今はそういったことを言う企業が多くなってしまったことを、非常に残念に思います。

松下幸之助か誰かの爪の垢でも煎じて飲んでればいいんじゃないですかね。


自分たちは何の上に成り立てているのかをきちんと理解して、

その土台をあって当然のものだと思わず、自らその土台を強化・革新していく。

そういった発想ができない企業は、先が見えるってもんですよ。


大企業は、海外で植林なんかしてる場合じゃない。

人を育てろ。

非効率で儲からないのなんか当然だ。

それでも育てろ。それが企業としての社会的責任だ。


もっと経済界に対して、そういう声をあげていってもいいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。