スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の話に専門性なんて欠片もない…はず。

「コンサルタント」って言葉が通じないことがたまにあります。


コンサルタントっていうのは、

コンサルティング、つまり企業のお悩み相談みたいなことをする人のことですが、

俺としては大学時代は普通に使っていて、仕事をする上でも一般的な単語です。


そんな、ビジネスの現場では一般的な言葉だとしても、

例えば親類と話をするときなんかは、

「コンサルタントやってる友達がいてさー」

なんて言っても、「え?…コンサ…え?」みたいになる確率が高いんですよね。

あと、まったくビジネスに触れない分野の人とかもなりがちかも。


大学の友達とは、


「お前最近なにやってんの?」

「コンサル」

「へー、何の?」

「一応、戦略やってる」

「マジかよすげぇな。俺はITコンサルだけど」

「そりゃ大変そうだな」


みたいな会話ができるわけですが、

よくわからん人から見たらよくわからないんですよね、きっと。

うん、たぶん高校生のときの俺が見ても意味不明だと思う。


大学で社会科学系・経済学系にいた俺としては、

自分の専門性にほとんどと言っていい程、自信や自負を持ってないわけですよ。


例えば医者だったら、

恐らく「俺は医学を学び、医学を身に付けた人間だ」的な意識が

多少なりともあるんだと思いますが、

経済学やらマーケティングやらでそれ言ってもしょうがねーだろって感覚です。


基本的に、自分が大学で学んだことなんて、

「みんな知ってるようなこと」をちょっと詳しく、

先取りして勉強する程度のもんだと思ってます。


それこそビジネスの現場では、「知ってて当たり前」って感じで出てくるしね。

これ経済かじったことない人大変だろうなーって思いながら見てる部分はありますが。


何が言いたいかって、

「専門性なんてねーよ、所詮ゼネラリスト(笑)だよ俺なんて。」

って自己認識してる俺みたいな人間に、

「専門用語やめてよ、わかんない。嫌味?」

なんて言ったら動揺しちゃうからやめてあげてくださいってことです。


もしドラ読んで、必要以上に「ドラ」部分に食いついちゃうとか、

あくまで個人の趣味のレベルであって、

専門性って単語とは結びつかないもんだと思ってましたからね、マジで。


「営利組織と非営利組織の運営手法の違いがさぁ…」

とか喋っちゃっても、みんな会社員やってるんだし身近に感じながら聞いてくれるものかと。

冷静に考えてそんなわけあるかって話ですよね。今まですいませんでした色んな人。


あー、人はこうやってどんどん「話がわかりにくい人」になってっちゃうんだろうか。

分野外の人にニコニコしながら聞き流されて自分だけそれに気付いてないとか、

かっこ悪すぎてイヤだ。なんとかしないと。


ブログとかTwitter見てくれてる皆さんも、

「それ意味わかんねーよ、説明しろ」

ってことがあったら言ってください、ほんと。

自分のしてる話の難易度って自分じゃわかんないもんです。

ほっとくと意味不明なことばっか語り出しますから、止めてやってください。


わかりやすく話すって難しいね。


スポンサーサイト
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。