スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩の言うことは絶対ではない。

社会人も2年目になりまして、

「あぁ、1年目のときこんなこと言ってくれる先輩がいたら遠回りしなくて済んだのになぁ」

と思うようなこともぼちぼち出てきました。


その最たるものが、『先輩の言うことは絶対ではない。』ということです。


社会人ってものになるのが初めてな新入社員ですから、社会人のことを、

「社会人は組織の指揮命令系統に従って業務を遂行せねばならない」

という風に捉えてる人もいるかと思います。


まぁ大体はそうなんだけど、実はそれそんなガチガチじゃないよ、と。

そう言ってくれる先輩がいたらどれだけありがたかったか。

最近はそんな風に思うようになりました。


1年前の俺が先輩に言ってもらったらありがたかったなってこと。

それを書くことで今1年目の人にヒントになればいいなーなんて思いつつ、

ちょっと書いてみます。


『先輩の言うことは絶対ではない。』ってどういうことか?


例えば、報告書を作るとしましょう。


がーっと作って、先輩のところ持ってって、

構成から「てにをは」まで、真っ赤に添削されて返ってくる。

あとは、その真っ赤な紙を見ながらPCで打ち直す作業。

打ち直したら先輩に渡して終了。


(そんな親切な先輩いねーよ俺放置されてるよ、とかは置いといて、)

大体そんな流れで仕事してる新人さんが多いと思うんですが、

これがどうも良くないらしい。


まぁ真っ赤になって返ってくるところまではみんな同じとして、

そこから言われた通りに直すだけってのが良くない。


先輩が直せと言おうが、

「いや、ここはやっぱりこの方が良いと思うんですよ」

とか、

「先輩に言われて気付いたんですけど、

 こう直すならこっちの直し方のがもっと良いですよね」


とか、そういったリアクションが取れると良い。


あ、明確な理由もなく反抗するのはただの子供ですけどね。


創造性と言うと大げさすぎますが、

『与えられた答えが絶対の正解ではないという実感』こそが、

俺が今一番、「1年前にその感覚があれば…」と思うことなんです。


なんて言うか、

『あくまで先輩方が言うことは「アドバイス」であって、「命令」ではない。』

そういった感覚を持ちながら、

「最終的に、これは自分の仕事なんだ」という自負というか矜持というか、

そういうものを持っているべきらしいんです、社会人って。


ついでに、そういう捉え方ができたほうが、先輩からのウケも良くなる。

まぁ、先輩からのウケとか、

良い方が自分が仕事やりやすくなるって点以外はぶっちゃけどうでもいいんですけど、

やっぱり、そうやって仕事する方が楽しいんですよね。明らかに。


「仕事」を「命令を実行すること」でなく、

いっそ「俺の俺による俺の満足のための作品づくり」

くらいに思っちゃったほうが、良い仕事ができるわけです。


アレですよ、よくある「こんな細部までコダワリが…良い製品ですね」

みたいな評価だって、

その会社そのものがコダワリ持ってるって言い方をされがちですが、

何より「それを担当した人」にコダワリがなければ実現されないものですから。


当たり前ですが、世の中の「コダワリ」は、全て人間が生み出しているものです。


そんな「コダワリ」を、日々の仕事の中に、例え一枚の報告書であっても持っていく。

そういう「コダワって作った作品」をいくつも生み出す。

そして、時には先輩のコダワリとぶつけ合いながら、

より多くの人にコダワリだと伝わりやすい、つまり良いと評価されやすいモノを作っていく。


『仕事をする上で、そういう心意気を持っていいんだ、むしろあったほうがいいんだ』

ってことを、俺は去年の俺に言いたい。


もちろんクオリティだけじゃなくて、

「文句言われない程度のレベルのものを物凄いスピードで作ってやる」ってのも、

スピードに対するコダワリと言えます。


ただこの場合、ダラダラとどうでもいい部分を指摘する先輩にはとてもイラつきますが、

顔に出しちゃダメです。それが大人のマナーってやつです。たぶん。


また、当然、正しくコダワるためには、その仕事に対する知識・その背景知識など、

経験に裏打ちされた確かな知識が必要です。

だから長いことやってる人は仕事がうまくできるんです。


「仕事なんかで能力上がらねーよ、慣れて能力発揮率が上がるだけだよ」

が持論の俺としては、後輩が先輩に劣っている唯一の理由は、経験の浅さです。


逆に言えば、局所的に知識を付ければ、

その局所においては先輩相手だろうが素の能力同士で勝負できるし、勝ち得るわけです。

同じ会社にいるんだから、素の能力なんてどうせ大差ないし。


そうやって勝つためには、まずは、着実に経験と知識を積み上げること。

でも、積み上げてる最中でも、『先輩の言うことは絶対ではない。』って視点は

ずっと持っていてほしいなと。


結局、先輩も上司も社長も客も神様なんかにはなりえないですからね。

ただのちょっと進化した猿ですそれ。

自分もだけどね。


どうせみんな同じような能力の人間だと思いつつ、

その経験の豊富さには素直に敬意を抱きつつ、

一緒に仕事する人間としてゴールは共有しつつ、

ゴールに至る手段については、自分が責任持って決める。

そして、手段として、「これが俺の作品だ」と胸を張れるようなモノを作る。


そうやってやってくのが、「仕事」ってやつなのかなぁと。


そんな仕事に対する考え方に達するのに、

1年もかかってしまいました。

ほんと、ずいぶん遠回りした気がする。


ちなみに、結果でなく過程が自分の思う通りにならないと

「こうやれって言ってんだろ」って駄々こねる先輩もたまにいますが、

それは先輩としての器が小さすぎます。


後輩は先輩の操り人形じゃありません。

後輩だろうと他人が思った通りに動くなんてありえないし、

動かせるとしても非効率すぎて仕事のやり方としてありえない。

「コダワリ」が強い人がなってしまいがちですけどね。


そんな先輩に対しては、全部言う通りにしてあげて、

何か問題が起こったら

「あんたが言ったんでしょ、知らんよ」

と突き放してあげてOKです。


俺も人のこと言えない可能性はあるので、

自分の作品にはコダワリつつも、そんな先輩にはならないように、という意味を込めて。


スポンサーサイト
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。