スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人1年目を終えて。

本日をもって、社会人1年目を乗り越えました。


明日からは2年目です。

まぁ2年目といっても仕事としてはただ淡々とこなしていくだけですが、

この「淡々と」ができるようになるまでに幾多の苦労を重ねたのがこの1年間でした。


1年間でずいぶん鍛えられた?

違います。


ぶっちゃけ能力なんて上がりませんよ、社会人やってたって。


じゃあこの1年間で何が変わったのか。

そりゃもう、「慣れ」でしょうね。


社会のやり方、会社のやり方、上司のやり方、先輩のやり方。


これらを見て学んで、それなりに適応できるようになるために、

1年という時間を費やしました。

自分が自分のやり方で自分の思う通りに動けるようになるためには、

仕方ないコストだったんだと思います。


フィジカル的、メンタル的にキツいときもあった。

冷静に考えれば、意味もわからず罵倒されるなんて、

メンタル的に相当酷い状況ですよホント。


「なんでこんな怒ってんのこの人マジ意味わかんねぇ…」


というのを感じなくて済むようになっただけ、

2年目はメンタル的に余裕ができるはずです。


「やっべ終わんねーぞコレ無理だろwww」

って感じの精神的負荷はなくならないでしょうけど。


普通に社会人やってても別に能力は伸びないってのは、

社会人になってみて初めてわかった発見でしたね。


伸びるのは、その環境に対しての適性だけであって、

そもそもの能力は、もっと深く、その人の人生に根ざしているもののようです。


慣れによる仕事の能力の伸びが人によって違うのはそういうことらしい。

慣れ×本来の能力=仕事上の能力

なんでしょうねやっぱり。


だから俺は1年前よりも能力が上がったなどとは微塵も思いませんが、

少なくとも多少のことであればさくさくっとこなせる程度には慣れてきたかなと。


2年目は日常的な仕事だけじゃなくて、

業務改善あたりもさくさくっとこなせる男になろうかな。


いや、そんなことよりも、仕事をさくっと終わらせて

思いっきり人生を楽しめる能力のほうがずっと重要だな。



この1年は、何かを得たというよりも、

「余裕」を一度失って、必死こいて取り戻した1年って感じがします。


取り戻す過程で、「生きる糧を得るための作業」を伸び伸びと、

本来の自分の効率性でこなせるようになったことが得たものと言えば得たものかな。


というわけで、せっかく取り戻したので、

2年目のテーマは「大人の余裕」でいきましょう。


後輩も入ってくるしね。

余裕をもって後輩を導ける先輩になりたいものです。


スポンサーサイト
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。