スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘年会なのに年を忘れてるヒマすらないってどういうことだ

もう12月も半ば。

忘年会のシーズンですね。


俺も新人としてご多分に漏れず職場の忘年会をやらなきゃいけないらしいです。

いやー、実にめんどい。


酒自体は好きなんだけど、

このサラリーマン的飲み会ってのがどうにも好きになれない。


だってね、ルールっつーかマナーっつーか暗黙の了解みたいなものが、

いくらなんでも多すぎると思いません?


まず、上司のグラスを空にさせるなってなんだよ。

ただでさえ、瓶ビールは生に比べて味は落ちるのに、

注ぐのが面倒というマイナス点まで出てくるなんて、

瓶ビールを絶滅させたいのかとすら思える慣習。


いや、その慣習のせいで無くならないんですけどね。


上司や先輩のグラスが空になるか?ってときに、

間髪いれずにビール注ぐか「何か飲まれます?」って聞かなきゃいけないとか、

早押しクイズじゃねーんだから…。


そんなことで「気が利く部下」かどうか見るなんてのも、

実にナンセンスですね。


各自で勝手に飲みたいもの頼んで飲んでりゃいいんですよ、飲み会なんて。


職場の人と飲むってこと自体は、仕事以外で話す場ができてそれなりに有益だと思いますが、

その有益になり得る場を下らない慣習でつまらなくてめんどくさい場にしてしまうのは、

あんまり得策じゃないと思うんですけどね。


世のおじさま達はどう捉えてるんでしょうね。


例え俺がおっさんになったとしても、

息子くらいの年齢の新人にチマチマと酒用意させても別に嬉しくもなんともないだろうなぁと

そう思えるんですけども。


かわいい女の子なら別だけど。

でもそれなら、会社の人間にやらせないで、

お金払えばいくらでもやってくれるお店に行けばいいわけで。


うーん、よくわからん。

新人のガキに甲斐甲斐しく飲み会の世話をさせる意味がわからん。


これまで続いてきた慣習なんだから、

何か合理的な理由があるんだろうきっと、と思いながらも、

まだ理解できずにいます。


まさか自分がやったから(非合理でも)やらせる、なんて

バカバカしいこと考える大人のほうが大多数だなんてことはあり得ないと信じてます。

人間は合理性を求める動物です。そのはずです。


こういう、場が理解ができてない状態って気持ち悪くて嫌いだなぁ。

誰か、すっきりする解答をしてくれる人募集です。


スポンサーサイト
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。