スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しい週末が一番の仕事のモチベーション

電車に乗ってたら、噂のiPad持ってる人がいました。


なんかギャルゲーみたいなのやってました。


何かよくわからなかったけど、

とりあえず萌えーな絵をタッチパネルでいじくりまわしてました。


…それは流石にキモくないかい。


iPadはデカすぎて、他人からも丸見えなので、皆さん気をつけましょう。


携帯に貼る横から見えなくなるシールみたいなののiPad版は売ってないんだろうか。

なかったらチャンスですよー、一番最初に作った人が勝ちですよー。


ああいう携帯アクセサリー系って中小企業でも勝負できる規模な分、

アイデアとかスピードが重要ですからね。

iPadとセットで買うとすげーいい!みたいなの作れたら大儲けですね、きっと。


さて、そんなことを考えながら電車に乗って行った先は、

大学時代のサークルのOB会。


お世話になった先輩とか初めて会う先輩、ちょっと大人びた後輩達も来てて。

懐かしい話やためになる話が聞けて、良い時間でした。

やっぱ大学の時のつながりっていいなぁ。


そして思ったのが、

「サークルの先輩」としてではなくて、

「社会人としての先輩」という目で先輩たちを見てみると、

優秀で仕事できそうな人が多いなぁと。


新たな発見でした。


自分の中に「社会人として」という新たな尺度が備わってきてるんだなぁと、

3ヶ月間で少しは俺も成長できたのかな、なんて思ったり。


しかし、その社会人として優秀な先輩たちの話を聞いてても、

質と速度が高すぎてついていけてない自分がいる。


おかしいな、会社の同期とだったらわりと対等に議論できるようなテーマなのに。


やっぱり、数年間社会で働くと、それだけ実力が身につくってことでしょうね。

大学に入ったばかりの頃も、

「やべぇ、先輩たち頭いい…会話についていけねぇ」

なんて思ってた記憶があります。


それでも4年になった頃にはそれなりに後輩に指導できてたもんだし、

刺激のある環境の中で過ごすというのは、やっぱり自分を高めてくれるもんなんですね。

それこそ、「成長しよう!」なんて特に意識してなくても。


あまり「成長しよう!」と思いすぎるとストレスになっちゃうし、

継続は力なりという言葉もあるので、

数年後には今回会った先輩たちのように優秀になれているように、

コツコツと仕事をする日々を積み重ねていきたいと思います。


コツコツ仕事することだけを目標にしていると、

それだけでいつの間にか人生が終わってしまうとか、

非常に寂しい結末を迎えてしまいそうで嫌なので、

その先に自分の力を高めて、世の中を良くする何かを成すってことを目標に。


さて、そろそろ明日のために寝よう。

コツコツやってくためには健康が一番大事です。


スポンサーサイト
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。