スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南仏で作られた梅酒「PRUCIA」

ちょっと良い梅酒を見つけてしまったので、ご紹介。


梅と言えば日本。

梅酒もやはり日本のものが旨い。

特に日本酒で作った梅酒は甘さも控えめで、飲みやすい。


そんな風に考えていた俺ですが、

"南フランス産"というオシャレぶった梅酒にその考えを覆されてしまいました。


その梅酒というのが、

PLUM LIQUEUR DE FRANCE 「PRUCIA」

というお酒。


正確には梅酒ではなく「プラム・リキュール」だそうですが、

まぁ大体同じようなもんです。


サントリーが扱ってるお酒で、HPもあります。

http://www.suntory.co.jp/wnb/prucia/


作ってるのは、南フランスでコニャックを製造しているメーカー。

あ、コニャックってのはブランデーの中のブランドみたいなもんです。

コニャック地方で作ったブランデーだけそう呼べるみたいな。

シャンパンがシャンペーニュ地方のもの限定っていうのと同じようなものですね。


さて、このPRUCIA。

ブドウから作ったお酒に、プラムを漬けて、ブランデー樽で寝かせたものだそうです。

通常のものは、ホワイトリカーとか焼酎とか日本酒とかで漬けてますね。


こういった作り方をすることで、

とても香り高く、そして飲み口がフルーティで軽やかなものになってます。

結構甘いんですが、その甘みも嫌味がなく、高い糖度がすっと消えるような感じ。

何より、梅酒なのに一切エグみを感じさせないのが素晴らしい。


口に含むとふわっと良い香りがして、上品な甘みが生まれて消え、

口先にも喉にも一切ひっかからずに消えていく。


かっこつけた評価っぽくなってしまいましたが、そんなお酒です。

ウィスキーの好みもそうなんですが、どうも俺は華やか系のお酒に弱いらしいです。


そしてこのお酒、ロックで飲んでもおいしいですが、

カクテルにもすごく合うと思います。

味と特徴がはっきりしていて、かつ雑味がなく他を邪魔しないので。


バーなんかで「PRUCIAで何か作ってください」とか言ってみたくなるくらい。

シャンパンと割ったり、ジンと合わせたり…。

ソーダ水入れて爽やかな感じにしても良さそう。


果実酒ってのは、それ自体もこのPRUCIAみたいに幅の広いアレンジができるし、

それを使って作るカクテルもバリエーション豊富なのが良いですよね。


スピリッツやウィスキーじゃここまでの幅は出ない。

もちろん、それらにも良いところはありますが。


昔、自分の中で梅酒ブームが起きてた頃があって、

梅酒の品揃えをウリにしてるような店に通ったこともありましたが、

その時はロックだけじゃなくカクテルで梅酒を楽しむって視点はなかった。


その視点とこういう梅酒のイメージを変えてくれる梅酒の存在が、

もう一度梅酒ブームを巻き起こしそうな勢いです。俺の中で。


というか、なんか梅酒・焼酎・日本酒・ビール・ウィスキーあたりをぐるぐるしてるな俺。

その時々でブームがある感じで。

最近はカクテルとブランデーあたりも取り込みたくなってる。

ワインだけは不思議とまだ一度もハマってないけど。きっとそのうち来るでしょう。


いやぁ、しかしお酒って常に新たな発見があって楽しいですね!

飲み慣れたものもいいけど、新しい驚きを探すのもまた酒飲みの道。

また新しい驚きを見つけたらご紹介します。勝手に。

スポンサーサイト

カルアミルク好きにオススメ(?)なカクテル「アレクサンダー」

爽やか系のカクテルの話に続いて、

しっかり系のカクテルの話。


王道中の王道はやっぱり「カクテルの王様」こと、マティーニでしょうね。

ジンに、ドライベルモットっていう香り付けしたワインを加えたもの。


でも俺、あんまりマティーニって飲んだことないんですよね、実は。

「強くてピリッとしたショートカクテル飲むんなら、

 いっそウィスキーのロックとかブランデーでいきたいよね!」

ってなってしまうんで。


ジン、ウォッカ、テキーラ、ラムみたいな代表的スピリッツをもっと楽しめてこそ、

本当の酒好きに一歩近づけるはずなんですが、まだそのあたり勉強不足です。


あ、ラムはキューバ・リブレ(ラム+コーラ)でわりと飲むか。

強いお酒に疲れてきたときの休憩にもってこいです。


でも日本酒やウィスキーと違って、スピリッツは銘柄ごとの味の違いをまだ全然学んでない。

「ジンだったらタンカレーだよな」とか語れない。

いつか語りたい。語らせてくれる友達もほしい。


あ、引かないでくださいすいませんでした。

通常はおとなしく飲んでます。たぶん。


で、そんなカクテルに疎めな俺がおすすめするしっかり系のカクテル。

それが「アレクサンダー」ってカクテルです。


名前だけ聞くとすっごいガッチリした男のカクテルっぽいですが、

レシピは「ブランデー + 生クリーム + クレーム・ド・カカオ」で、

チョコレートケーキみたいな味になります。


とても飲みやすいんですけど度数は20度くらいあって、

感覚としては「アルコールが強くてより上品なカルアミルク」って感じでしょうか。


基本的には女性にウケるカクテルとして有名ですが、

男だって甘いカクテルも飲むんですよ。


ウィスキーな流れでバーボンとスコッチの飲み比べとかしてると、

甘くて優しいカクテルがほしくなるときもある。


でもさすがに、バーで男が「カルアミルクで」はちょっと言いにくい。

そんなときに「アレクサンダーで」って言っとけばなんかカッコいい感じになります。

当然バーテンダーさんにはバレバレですが、彼らはプロですから何にも言いません。


あ、でも、

モヒートで一息ついて、バーボンからのスコッチで違いを楽しんで、

結構酔っ払ってきたから甘いアレクサンダーで休憩して…

とかやると、リアルに摂取アルコール量がハンパないことになるのでやめましょう。

「アルコール許容量はまだ余裕あるけど、甘いのほしいな」ってときに飲むのがベストです。


何と言っても、『甘くて飲みやすいけど強い』ってカクテルほど怖いものはないですからね。

特に女性の方、気をつけてください。 いろいろと。


…さて、次は何の酒の話を書こうかな。


え? 仕事とか就活とか経済とかITの話はどこいったって?

ネタが思いつかないんで、誰かお題くださいマジで。


このままだと、そろそろホントにただの酒ブログになりそうだ。


モヒートとダイキリ

さて、マジメな話題が思いつかないので、酒の話でもしましょうか。


人間様が節電だっつってんのに、空気読まず今年もクソ暑い夏ですが、

そんな暑苦しい夏にこそ飲みたいカクテルがあります。


暑い夏はビールだろって?


いやいや、それもおいしいんですけど、

やっぱり酒飲みとしてはいろんなバリエーションがほしいじゃないですか。

ビールにも、冬に飲みたいようなタイプもあるしね。

あ、またそれは別の話として。


で、その夏に飲みたいカクテルとして俺が一押しなのが、

「モヒート」「ダイキリ」ってやつ。

有名ですね。


モヒート:

ラム、ライム、ソーダ水、砂糖、ミントの葉で作るロングカクテル。



ダイキリ:

ラム、ライムジュース、砂糖で作るショートカクテル。



ロングカクテルってのは細長いグラスで出されて氷とか入ってる、

比較的長い時間をかけて飲んでOKなカクテルのこと。


ショートカクテルは、よくあるY字型のあのカクテルグラスで出される、

あまり時間をかけないで飲むことが望ましいとされてるカクテルのことです。

こっちは、比較的強めのが多いですね。


で、この2つ、なんで一緒に紹介したかっていうと、

ロング・ショートの違いはあれど、材料を見てみるとほぼ同じなんですね。


つまりは、ライムの爽やかさと砂糖の甘さを加えたラムなわけです。

すげー乱暴に言うと、ダイキリにミントの葉加えてソーダ水で薄めればモヒートです。


乱暴すぎて、

この2つを溺愛したことで知られるヘミングウェイさんに殴られそうな勢いですが。



そんなモヒートとダイキリ、これがまた良い感じに甘酸っぱくてきりっとしてて、

暑い夏にバーなんかで最初の一杯として頼むのに最適なんですよ。

バーで「とりあえずビール」ってのもなんか違う気がしますし。


フローズンカクテルって言って、シャーベット状にした氷が入ってる

「フローズンダイキリ」なんかもあります。

むしろフローズンカクテルの代表格がフローズンダイキリ。


バーに行って爽やか系が飲みたいときの一杯目と言えば、

基本であるがゆえに奥が深いと言われる「ジントニック」なんかもありますが、

俺はモヒートのほうが好きですね。

なんでだろ。トニックウォーターがあんま好きじゃないからかな。


一杯目にモヒート、二杯目にバーボン、三杯目は何かショートカクテル、

みたいに、次々流れていくような飲み方ができるのがバーの良いとこですね。


強いのが多いから数杯でしっかり酔えるし。

ビールビールビール焼酎、みたいな居酒屋的飲み方とはまた別の楽しみ方です。


いや、ビール日本酒日本酒ハイボールみたいな居酒屋的な飲み方も好きですけど。

こっちは肴のクオリティも重要になってきてですね。


…そろそろ収まりがつかなくなりそうなのでやめときましょう。


次は爽やか系に続いて、しっかり系のカクテルの話でも書いてみましょうかね。

えー、趣味なんです、酒。


日本酒 「真澄 純米吟醸 あらばしり」

はいそこ、タイトルだけ見てオヤジくせーとか思わない。

ウンチクだらだら書くだけだろ読む気起きねーとか言わない。

泣くよ?


というわけで本日ご紹介するのは、

「真澄 純米吟醸 あらばしり」という日本酒。


真澄ってのがお酒の名前です。ブランド名みたいなもん。

俺のお気に入りの一つ。


で、純米吟醸ってのが、

米と米こうじだけ、しかもその米の真ん中の良い部分だけを使って作りましたよってこと。


そして最後にあらばしりってとこですが、これは簡単に言うと、

お酒を搾る最初の段階で、優しーく絞ったものだけを集めましたということ。


日本酒って、

発酵した米(日本酒的なエキスが出てきてるもの)を絞って集めるわけなんですが、


その発酵した米を袋につめて、いくつか重ねて置いて、

自重で染みだしてきたものだけを集めたもの、

それを「あらばしり」と呼んでるんです。


要するに、一番搾りみたいなもん? ちょっと違うけど。


新酒という括りにもなります。

一年のうちでも限られた時期しか出荷できないものなので、

いつでも飲めるわけじゃないんですよコレ。


で、そういう絞り方すると、とてもフレッシュなフルーティな感じの酒になります。

これがまた旨いんだ。


「真澄」は基本的に飲みやすくてバランスの良い酒ってイメージなんですが、

このあらばしりは普通のものより少し風味が強くて、豊かな甘み・旨みがある気がします。


「味が濃くて香り高くて、バランスの良い酒」って感じ。

水のようにすいすい飲めるものとはまた違う良さがあります。


むしろ飲んでると、液体なのに喉が渇くような気さえする。


ある程度強めに主張する料理や肴と一緒に楽しみたいかな。

最近、日本酒はつまみなしで日本酒オンリーで飲んじゃってるけど。


何より、真澄はなぜかあまり劣化しないのが好き。

日本酒を開封した以上、酸化しないってことはないだろうから、

酸化してもおいしくなるように考えられてるのかな。

家でのんびり時間かけて一人で飲むスタイルの俺にはとてもありがたい。


久保田萬寿もおいしかったんだけど、

かなり酸化で味が変わって、正直ちょっと動揺しちゃったからなー。


どうやら、「ベストコンディションのときなら向かうところ敵なし!」な日本酒と、

ある程度時間がたっても変わらずおいしさを保ち続けるタイプの日本酒があるらしい。

そのあたりは実際に買って飲んでみないとわからないから面白いね。


あ、酒の話なんて読む気しないって人のために一言でまとめると、

「お気に入りの日本酒の銘柄の、時期限定ものゲット!うめぇ!!」

ってことです。


もうこれ、味を覚えとくための趣味のメモみたいなもんですね。


似てるようでまったく違う、「飲み会のマナー」と「酒飲みのマナー」

マナーというのは、相手のことを思うがゆえに生まれたもの。

社会生活だけでなく、あらゆる分野にマナーは存在します。

例えば、趣味の世界にも。


そう、つまり、酒飲みの世界にも当然マナーは存在するのです。

そして、ここで言う「酒飲みのマナー」とは、

いわゆる「飲み会のマナー」とは違うものです。


「酒飲みのマナー」。

ではまず、酒飲みが考えるべき「相手」とは誰か?

それは一緒に酒を楽しむ人であり、酒を供してくれる人であり、酒そのもの。


一緒に酒を楽しむ人のことを考えた場合のマナー。

こう言うと、

やれ「グラスがあいてたら酒を注げ」だ、

やれ「料理が来たら取り分けろ」だ、

言うに事欠いては「注文を促して取りまとめろ」だ、

良く聞くバカみたいな暗黙の決まりごとを思い浮かべてしまいます。


しかし、それは「飲み会のマナー」です。

しかもより限定された、「"業務の延長線上における"飲み会でのマナー」に過ぎません。

飲み会でそんなこと言われようもんなら、本来なら残業代請求して良いレベル。


俺がここで言いたい「酒飲みのマナー」のうちの、

「一緒に酒を楽しむ人のことを考えた場合のマナー」とは、

酒や食事のペースを強制しないこと

これに尽きます。

あとは興の削がれる会話を振らないことだとか。


酒も肴も自分のペースで楽しめないものは旨くない。

他人のペースを邪魔するってことは、その人の楽しみを奪ってるのと同義です。


酒飲みのマナーは、自分も相手も酒を楽しむためのマナー。

スポーツの世界の、スポーツマンシップみたいなもんです。

スポーツマンシップのない奴とは試合したくないように、

酒飲みのマナーのわかってない奴とは酒を飲みたくない。


次に、酒を供してくれる人のことを考えるマナーも大切です。

我らが敵、「仕事飲み会のマナー」の「注文を促して取りまとめろ」は、

店員の仕事を奪い、生産性の無駄を生み出すことにもつながります。


なんで注文するのに1回俺をクッションに入れんだよ。

直接注文した方が早くて正確だろボケ。



そう思ったことのある新人、多いはずです。


まぁそういったことをしないっていうのはマナーとしては低次元のもので、

「バーテンダーをバーテンと呼ばない」とか、

「バーテンダーさんや(ちゃんとした)居酒屋の大将の話に耳を傾ける」とか、

「店で吐かない」とか、

「友達や彼女の作ってくれたつまみに文句言わない」とか、

そっちの方が酒を供してくれる人に対して敬意を払ってる感じがしますね。


そして、酒飲みとして、

酒飲みでない人にも飲み会の場でくらいはわかっていてほしいマナー。

それが「酒に対するマナー」です。


まず、2種類以上の酒を混ぜてはいけない。

プレミアムモルツの入ってるグラスにスーパードライでも注ごうもんなら、

2、3発殴られても文句は言えないと思ってください。


次に、他人の飲む酒を勝手に決めてはいけない。

「全員ビールでいいよね?」じゃねぇ。

1杯目はビール派の俺でさえ、それはダメだってわかる。

1杯目も2杯目以降も、飲む酒を決める権利は本人にのみあります。


飲み切って焼酎に切り替えようとしたビールジョッキに、

「余ってるから飲んじゃって^^;」とか言いながら、違う種類のビールをなみなみ注ぐ、

なんていう、この2つを同時に犯すような行為をしたら、

あなたは二度とその酒飲みと飲みに行く機会はないかもしれません。


そして最後に、これは社会人より学生に多いですが、

「酒なんてアルコールであればいい。酔えればいい。」って言う奴。


舐めんな。


酒は人類共通の文化であって、その味を良くするってだけのことのために

歴史上のどんだけの人間が人生捧げてきたと思ってんだ。


味を楽しむ。香りを楽しむ。変化を楽しむ。肴との相性を楽しむ。


そうやって飲むことが酒飲みの酒に対しての敬意であると同時に、

そういう楽しみ方に耐えられる酒は、

飲み手に敬意を持って作られた、飲み手が敬意を払うべき酒なんですよ。


それを軽んじられると、酒飲みとしては黙っていられません。


さて、ではなんでこんなに、

「飲み会のマナー」と「酒飲みのマナー」は別物なんでしょうか。

それは、その根源が違っているからに他なりません。


「酒飲みのマナー」がまったくわかっていない、

しかし「飲み会のマナー」にだけはやたらと精通している人は、

酒が好きではないけど飲み会に関わりが深い人、

つまり、「飲めないけど幹事として立ちまわることで生き残ってきた」人、

または「酒は好きじゃないけど飲み会が好き」という人である可能性が高いです。


特に性質の悪いのが前者で、

酒も飲み会もまったく好きじゃないのに出ざるを得なかったためか、

苦肉の策として、

飲み会を業務円滑化支援ツールとして使うことに意義を見出していることが多い。


酒飲みの天敵ですよコレ。

彼らの望むのは、規律正しく統率された飲み会。

そのお約束の中で、「酒の場では口が緩む」というお約束を発生させ、

自分に有益な情報を引き出すこと。


彼らの目に見えている世界での、そういった「実利」の前には、

私たち酒飲みの「酒への敬意」は、邪魔でありイレギュラーであり、

ただの自分勝手な行動として認識されてしまうのです。


それが彼らの生き方なんだとすれば、否定はしません。


でも、絶対一緒に飲みに行きたくないのもまた事実。


誰だって、趣味の世界を他人の仕事に利用されたら良い気しないでしょうよ。

恐らく、この点で「ガチでゴルフが趣味です」って人とはわかりあえる気がする。

仕事で使うゴルフと趣味として本当に楽しむゴルフって、違うと思うんですよね。

ゴルフやらないから知らんけど。


そして、「酒飲みのマナー」も、「飲み会のマナー」も、

「マナー」という意味で同列ではあります。


「マナー」とは何か。

それは相手のことを考えて自発的にする行動であり、他人に強制すべきでないもの。

そのマナーを知らない人に「こういう考え方があるよ」と教えてあげるまではともかく、

強制した・された時点で、それはクソ以下のものになり下がります。


つまるところ、俺が「酒飲みのマナー」を他人に強制したら、

「飲み会のマナー」を強制してくる連中と同列のクソ野郎だってことです。


ここは気をつけなきゃいけないポイントですね。


誰かに、「酒飲みのマナー」という俺の流儀を押し付けちゃいけない。

だけど、俺がそれに沿って行動するのはもちろん俺の勝手。


であれば、流儀に理解を示してくれない人とは飲みに行かなけりゃいい。

それが一番簡単な答えですよね。

スポーツマンシップのない相手と試合をしないのと同じように。


相反する「飲み会のマナー」と「酒飲みのマナー」。

前者が好きな人は、俺みたいな人間とは飲みに行かないほうがいいですよ。

一生懸命"常識"を振りまこうとしても、いらんことすんなとイラつく、

こういう「酒が趣味」の趣味人もいるんです。


ここまで読んでくれて、かつ後者のほうが好きな人は、

ぜひ一緒に飲みに行きましょう。マジで。


プロフィール

しんじ

Author:しんじ
「新氷河期世代」
と呼ばれながら就職活動をした
2010年卒の社会人。

新氷河期世代1期生が社会に出て
感じたこと、考えていることなどをつらつらと。

でも就活状況の悪化が激しすぎて
下の世代のほうが優秀かも。

コメント歓迎。
メールで何か言いたい場合は
shintubu001○gmail.com
へお気軽に。
(○を@に変更)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
since 2010/05/05
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
twitter
検索フォーム
全記事表示
全タイトルを表示
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。